結婚指輪はいつからつけるべき?ベストなタイミングは?

別々の環境で生まれ育った男女が大切な縁で出逢い、これから先の人生を共に歩む決心をする事は奇跡であるともいえます。大切な家族や仲間、会社の人などの前で今後は夫婦としてお互いを支え合っていくことを誓う結婚式は特別な記念日になるのです。

現代社会においてはライフスタイルや価値観の多様化によって結婚式のスタイルも種類が増えており、挙式と婚姻届を提出するタイミングなども一人ひとりのカップルによって違いがあります。夫婦として社会的にも認められることは、社会的な責任を負うことでもあり、結婚指輪は周囲の人から既婚者である事が一目で分かる意味合いもあるのです。

お揃いの結婚指輪は挙式の時に交換する人がほとんどですが、実際にはいつからつけるカップルが多いのでしょうか。結婚式を挙げる人であれば挙式のタイミングで指輪の交換を行い、そのまま付け始める人がほとんどです。
婚約期間は女性に送られる婚約指輪を付ける事によって、その約束の証を示すことが出来ます。結婚指輪は夫婦になった証であり、共に生きていく誓いを一つの形にしたアイテムでもある為に、人生のスタートである挙式のタイミングからつけはじめる人が多いのです。

結婚式を挙げない人は籍を入れたタイミングや、結婚指輪の準備が整ったタイミングで付け始める人もいます。周囲にきちんと結婚の報告が出来るタイミングで付ける事が多い傾向があるのです。